RSS | ATOM | SEARCH
さいたまスーパーアリーナ4連発
4連発のつもりが1月半近く間が空いてしまった・・。パソコン絶不調で、これは買ってから1年くらいからなんとなくおかしくなり始めたんだけどね、とうとう前の機種が壊れてきて買い替えを意識しだした頃と同じような症状が・・。しかも、バックアップしようにもバックアップ先のHDが壊れてるとかって・・買い替えるにも、再インストするにも時間や作業が追い付かなくなることを考えるとなかなか手をつけられず、とりあえずだましだましやってるんだけど、このブログも途中途中で保存しないと、いきなり勝手に再起動掛かったりするもんで・・あ〜面倒くさい・・(泣)。

ビヨンセ様の圧倒的なステージの熱がまだ冷めない頃、今度はNe-yoに行ってきました。今回は友人を誘ったら、行く!ということで、彼女の運転と手作りおでんとおにぎりの食事付、という嬉しいドライブの中、スーパーアリーナまで1時間チョイで着きましたが、ホントに何にもないのね、この辺。でも駅から直結のモールはそこそこ凝縮されていて買い物もウレシイ感じ。まあちょこっとユニクロのぞき見したりして、私も友人もヒートテック買ったんだったな、この日。なんせ思い起こせば半年近くの時間が経っているので・・。

その昔良く聞いたR&Bと今の感じってちょっと違ってて、例えば昔はねちっこい?ような、フレディ・ジャクソンとか、キース・スエットとか、まだまだ暴れん坊だったボビー・ブラウンとか、今ではすっかり立派なオヤジになってジャパニーズマネー求めて良くビルボードあたりでライブやっている輩も少なくないけど、私としてはUsher位からカオスになってきた。クラブあたりもTLCなんかが流行りだして、クロスカラーのTシャツとティンバレーのオイルブーツとかがフロアを埋めてくる頃からだんだん足が遠のいて、あとはタバコの煙が辛くなったなんて言う立派な老化現象も後押しして踊りにもいかなくなった。なんだかブラジル音楽にはまったりしだして、それからめっきりCDも買わなくなった。以前はCDだったら中古も含めて月に15〜20枚位はコンスタントに買っていたので、処分も大変だった。

Usherだって流行り始めたころはすごく若くて(確か14とか??)ガキと思っていたから聞かなかったんだけど、Confesssionsあたりは嫌いではなかったかな。なのでNe-Yoが流行りだした時、これはUsherか?とかっていう錯覚を覚えたから、Usherは今時のR&Bシンガーのハシリなんだろうって勝手に思ったりもする。そして今はさらに追い打ちをかけるようにクリス・ブラウンなんて奴も出てきて、歌声を聞いただけでは誰がどれだかまったくわからない、という現象もダンナと私と意見が一致するのだ。

コンフェッションズ~スペシャル・エディション
コンフェッションズ~スペシャル・エディション
アッシャー,アリシア・キーズ,シャイン,リル・ジョン,ジェイダキッス,カニエ・ウェスト,リュダクリス,トゥイスタ


まあまあ、そんな感じで・・この日はなんとNe-Yoはアムウエイの25周年パーティーのスペシャルライブを開催するということで、横浜アリーナでコンサートの後、全く同じセットを作ったというさいたまスーパーアリーナへ向かう途中、渋滞に巻き込まれていたらしく前座からはかなりのインターバルがあった。かなり・・40分くらいあったのかな、まあ無茶ですよ、いずれにしても・・。前座は何組かいたんだけど、Sonyから去年あたりにデビューしたジャスミンのバンドとしてダンナが出てたりしたので、今回も遠路はるばる出掛けた訳ですけどね、やっぱりNe-Yoって人気あるんだね〜〜、会場はかなり一杯で、スイート階の座席からゆっくり見てましたが、なんかセットがちゃっちいぞ?あまりにも前の2アーティストがすご過ぎて・・という方が、今のセチがない世の中?には合っているかも知れない。

ほぼ1時間遅れで始まったライブはシンプルでした。Ne-YoのI Love Meなステージで、ダンサーもあまりいないし、面白かったのがバンドで一段上になったステージで横並びだったんだよね・・ちょっと不思議でした。追い打ちをかけて更に不思議だったのが、アンコール・・バンド板付ですよ、はけないの。時間がないから?と思ったんだけど、その後の名古屋、大阪でもそうだったらしい。ん〜〜、あれだけ売れてるならもう少しゴージャスなステージにして欲しかったです。残念。

NE-YO:ザ・コレクション コンプリート・エディション(DVD付)
NE-YO:ザ・コレクション コンプリート・エディション(DVD付)
Ne-Yo(ニーヨ),Utada,カニエ・ウェスト,ジェイ・Z
author:POP, category:MUSIC&MOVIE, 12:35
comments(0), trackbacks(0), - -
さいたまスーパーアリーナ4連発
BLACK EYED PEASの三週間後位になるのですが、数日前にチケットをもらったというダンナの発言からまたまたスーパーアリーナに出向くことになりました。今度はビヨンセ。私はあまりファンじゃないんだよね、ビヨンセ。とっても商業的過ぎて、人工的というか、歌い方一つとっても彼女のものではないというなんとなくではあるけど不自然さが・・どうしても馴染めない。とは言ってもスーパースターだし、ステージングはちょっと興味アリ。なのでGO。

今回は翌日のチケットは前回同様VIPシートだったんだけど、その日は普通のチケット。招待なので端っこの端・・ステージの真横ぐらいでしたが、スクリーン眺めたりできるしね。

会場に入って感じたこと・・なんだ??ゲイばっかりだぞ???通路でゲイが5人くらいいてうち二人はいちゃいちゃと耳元でささやきあってたり、斜め後ろに座ってた二人もどう見てもゲイ。後から入ってきた男女のカップルの男は、途中で半裸・・上半身裸だがダンサーがスクリーンに大写しになるとがぜん大声ではしゃぎ出す・・そうか、ビヨンセはゲイのアイコンだったんだ・・なんかそんなことも聞いたことあるような??

問題のステージングですが、さすがスタイリッシュに決まってました。レオタードでちょっと間違うと大阪のおばちゃんのスパッツ?みたいなストッキング履いてたり、そのギャップは私には少し引っかかるものがあったものの・・どこから?と思うほど、彼女の髪がなびくんだよね。扇風機とかどこなんだよ??と探してしまったよ。セシィはビヨンセが本当に歌っているか気になって仕方ない模様・・。まあ楽しみなさいよ(笑)。

ところどころでビヨンセが立ち止まり、髪がなびき、「ご覧、私を、ビヨンセ様を」てな感じでポーズするんだよね。すげーな、さすがDIVAだ。時には「I'M ビーヨーンセーッ」だったり、膝まづいていきなり連獅子みたいに髪をグルングルン回したり、 DON'T TRY THIS AT HOMEですよ、眩暈するから・・。そうは言っても音楽界をリードするカリスマの貫禄っていうのかな、そういうのは感じる。商業的だけど(笑)。BLACK EYED PEASもそうだったけど20世紀でなくちゃんと21世紀のステージだった。ダンサーとかバンドのメンバーのコスチュームがちょっとだけブレードランナーを感じさせたりと、エンターテイメントとしては上質でした。


I Am… Sasha Fierce
I Am… Sasha Fierce
Beyonce

author:POP, category:MUSIC&MOVIE, 23:09
comments(0), trackbacks(0), - -
さいたまスーパーアリーナ4連発
なんだかちょうどバタバタしていた頃だったが、BLACK EYED PEASのコンサートのチケットが手に入ったので、湘南新宿ラインに乗って行ってきた。スーパーアリーナは今回が初めて。チケットを貰うと300番台の番号で、スイートルームと呼ばれるVIP席だった。通常通路の先にあるエスカレーターを登ると刷りガラスのしゃれたドアを押して入るようになっていて、ステージからはちょうどまっ正面の一番後ろの2階席で、なでしこジャパンの二人とかも見かけたぞ。

会場が暗転すると、蛍光の光るやつ、あれを持ってる人が多くてアリーナ席、スタンド席ともすごくキレイで会場中がうわ〜って感動した声だった。ホントきれいだったよ〜。

で、最初から最後までノリノリのブンブンブーンで、ステージの装置もカラフル&テクノチックで、ダンサーとかもたくさんいたりしてさすが旬のグループ。最近の傾向は、LEDスクリーンを駆使したステージセット。これでいろんな大道具を省くことができるし、想像を超えたバックグラウンドも再現できるんだから、ここまで来たか、と感動。あまりにもダンスチューンばかりで飽きてくるが、アリーナ席はずっと立ちっぱなしで疲れそう・・良かった座れる席で・・歳とか明日のこと考えると座れるのがありがたい今日この頃・・。

そういえばBLACK EYED PEASのライブを前にテレビで見たことがあって、蛍光の光るやつの代わりに携帯の画面で会場が埋まってたことがあったなー、とWill I Amもそう言って促したのにみんなに伝わらず・・あれ〜〜。画面広いからね、それもすごいキレイだった。

ファーギーもすごい歌いきってたよ。ここのグループはみんな個性的で一見ばらばらなのが良いね。ちなみにグループ名は豆の名前です。一か所が黒くて目みたいに見えるんでそういう名前の豆があるの。

ライブが終わって会場を出ると耳がぼわーんとしてました。ライブ中もかなり大きな音だと思ってたけど・・。相当の音量だった模様・・・。

The E.N.D. (The Energy Never Dies)
The E.N.D. (The Energy Never Dies)
Black Eyed Peas
author:POP, category:MUSIC&MOVIE, 22:54
comments(0), trackbacks(0), - -
久々に
http://www.kirin.co.jp/brands/greenlabel/cm_gallery/index.html

ダンナ、CM歌ってます。
author:POP, category:MUSIC&MOVIE, 22:33
-, -, - -
日本人の知らない日本語
お友達のへびぞうさんの本です。
総合28位で、2ジャンル1位になっている「売れてる本」です。

内容は面白いです(そんな・・簡潔な・・)
次回作は私のネタも盛り込んでくれるそうです。
まだネタはたくさんあります。

お楽しみに!

日本人の知らない日本語
日本人の知らない日本語
蛇蔵&海野凪子
author:POP, category:MUSIC&MOVIE, 09:35
comments(0), -, - -
チェンジリング
ひとこと!すごく良かった!想像以上に!久々に寝なかった!と言っても面白いそうでない関係なく寝るんですけどね、私の場合・・。長いです、映画、でも寝なかった!

舞台は1928年のアメリカ・・ほんの80年前の世界ってこんなんだったっけ?と思うほど人類は進歩しているんですね。いらん進歩も多々あるけどね。ストーリーのベースとなるのは連続殺人事件に巻き込まれたとある家族の話。家族と言えど、実際に被害にあった子供の父親は子供が生まれたと同時に家族を捨て、アンジー演じる母と息子の二人きり。ある日仕事から帰ると子供がいなくなっていて、それから起こる信じられない事件の数々。数ヶ月後に子供が見つかって母親のもとに帰るんだけど、これが別人。警察はこんなに?と思うくらい腐敗していて、自分の子供でないと主張する母親に対し、精神的に錯乱状態だから区別がつかないだけだとか、本当の息子より明らかに背の低い子どもに対し、ショックで背が縮んだと医者も巻き込む見解を示したり(しかも7〜8センチもだぞ)、挙句の果てに警察がいい加減な事をやっていたと悟られるのを恐れて母親を誰の目にもさらされないように精神病院に入れてしまう・・。そしてその待遇は極めて悪烈。場面は変わり、とある情報から連続殺人を犯していた男を見つけ、子供の行方不明事件とのリンクがされるが、このときの警察の責任者は自分の非をスポットライトにさらされるのを恐れ、あくまでも事件と無関係を装いそれを指揮。しかし腐敗した中にも正義を捨て切れないちょっとアツい刑事の行動で事件が明るみに出て、子供が別人だったということもやっと認められるわけです。ってざっとそんな話ですが、これ全部実話。実話に基づく脚色でなく、実話。ゆえに登場人物もすべて実名を使っているらしい。こんな事が平気でまかり通っていたんだねーー、第一「脊髄が縮んだ」なんていう医者の見解があり得るわけがないでしょー、この辺は声を出して笑ってしまったのでした。

今でこそ血液鑑定やDNA鑑定なんて言うのも当たり前だけど、なんせ80年前の世界・・結局遺骨も多数発見されたにも関わらず、身元を特定できず。犯人からの告白も結局は聞くことができずこの少年の行方はわからずじまい。この母親は死ぬまで息子を探し続けたそうです。

映画の見所は、アンジーってこんなに懐の深い女優だったんだー、となんだか感心。たった一人の息子を探す憔悴しきった様子や、それでも戦う強い母親を見事に演じておりました。今ハリウッドじゃぴか一なんじゃないの?素晴らしい女優だと改めて感慨。そして「一体、誰?」的な俳優陣、実はCSあたりではよく見かける面子なのですが、ひとくせもふたくせもある腐敗した警部役のジェフリー・ドノヴァンとやっぱり警察官はこうでないと、のマイケル・ケリーがすごく良い味出してました!特にマイケル・ケリー、素晴らしかった!と思うのは不条理な背景が付きまとう中、彼が最後には正義漢を演じたフラシーボ効果?と思ったけど、素敵でした!でもメインキャストの中でも一番下に名前がある、のでした。

最近はどちらかというと監督業が忙しいクリント・イーストウッドらしい人間味あふれるドラマ、いや〜、映画って本当に素晴らしいですね〜♪
author:POP, category:MUSIC&MOVIE, 10:59
comments(0), -, - -
地球が静止する日
見ました。

まあ、なんつーか・・簡単に要約すると


人間は地球を粗末にしすぎている

もっと地球を大切にしないと

ペプシマンがだまっちゃいない


という深い内容の映画でした。
author:POP, category:MUSIC&MOVIE, 13:24
comments(0), -, - -
年末から年始に見た映画
【ナショナルトレジャー】
ニコラス・ケイジ主演のディズニー映画なのでまあハズレはないかな、と軽い感じで見た。がなかなか面白かったです。インディジョーンズみたいなハラハラも味わえたり。エドはるみ、じゃなくてエド・ハリスの悪役とかまあ甘ったるいディズニーの出来出来ストーリーですが、1800円の価値は意外にも十分にありました。

【アイアムレジェンド】
想像してみてください。若者が役者に憧れてハリウッドにやってきて、演技力もそこそこ評価されながら、端役のオーディションを受けながらキャスティングにも恵まれず、色んなバイトをクビになりながら、たまにはヒモになりながら、顔効きにホラれたりもしたりして、やっともらえた台本には役の名前もなく(例えば:学生Bとか)、ウキウキと上映されている劇場に浮き足立って行けば、肝心のシーンはカットされていて・・。そういう役者は腐るほどいる、と思います。それに引きかえ、歌手などで一躍有名になった人たちにはいきなり主演映画、なんていうのも珍しくありません・・。【サマー・タイム】という曲で有名になった(私も当時へヴィーローテーションで車のラジカセで毎日聞いていました)ラップユニット出身のザ・フレッシュ・プリンス、またの名を・・というよりも現在はウイル・スミス。ラッパーですよ、ラッパー・・。50CENTなんかはいわゆるゲットー出身だし、彼も然り主演で映画とったり・・前出の役者魂を持った売れない俳優達なんていうのは一体どこに身を置けばいいんでしょうかね。

アイアムレジェンドは伝染病が世界に広がりみんな死んじゃって、ウイル演じる主人公のロバートは世界でたった一人の生き残りだった、って話はTVCMでも結構そそられる造りだったのもあってかなり前から観たいと思っていました。誰もいなくなったNYの景色。驚くのは響のボトルが有名な(?)タイムススクエアも雑草が生い茂り、人っ子一人おらず、ほんとに静まり返った考えられない状況だったのですが、セットでもなく本物のタイムススクエアでかなりのブロックを遮断して撮影されたそうですよ!で、あのCMどおりに話しは進んでいきます。でもどういう展開になるんだ?という疑問はあっという間に眠気を誘いました。だって・・私の一番嫌いな展開だったんだもん・・。ネタばらしますのが・・なんだって最後はゾンビムービーになるんです。こういうSF映画の欠点で私があげたいのが「困ったときのゾンビ」・・。あれ、ドーベルマンが出てくるんだけどバイオハザードと同じCGユニットなんでしょうか?不完全燃焼で映画館を後にした私でした。

【エイリアンVSプレデター 2】
ダンナのリクエストで見に行きましたが、エイリアンもプレデターも当時一世を風靡したハリウッドのドル箱キャラでしたよね。ハッキリ言って知ってる役者は一人もおらず、超のつくB級、まるで玉泉洞のハブVSマングースです。最後は核ミサイルとかも出てくるし・・おそまつさまでした。

【アース】
中学生以下の子供が500円という安さに釣られてセシィを連れて水曜日に見に行きました。トータル1500円なり〜。北極圏に存在する森林が全地球の森林の70%を占めている、って知っていましたか?なので雪が溶けて樹木が活動を始める春になると地球の酸素濃度がぐんと上がるらしいです。そんな知識はとっても役に立つのですが、ちょっとちょっとその後どうなるのよー、と言う感じの動物の追い方なの・・。水を求めて移動する象の群れに激しい砂嵐が襲ってきて、小さな子どもと親はお互いに鳴き合って居場所を確認するんですが、言うなれば青年の象が群れからはずれてしまうのですが、空撮のショットで群れはやや斜め右上に進むに対して青年象は左方向に進んでる。多分お互いの距離は10キロとかあるかなー?で象の話は終わってしまう・・。一体この先・・って言うのが何だか鮮明に描かれていないんです、引っぱっときながら。起承転で終わって【結】がない。でも植物の事とかは面白かったなー。もう少し子供でも地球温暖化に興味を持つような内容だったらいいんだけど、子供が楽しめる化学番組とも違うし、500円で当たり前という内容でした。


ふう〜、ナショナルトレジャーが一番面白かったです。さてさて去年からずっと宣伝している3月1日公開の映画【ライラの冒険/黄金の羅針盤】ですが、26ヵ国で大ヒットしてるそうです!!・・・・あのお、日本はリリースどうしてこんなに遅いんですかね。それよりもアメリカン・ギャングスターが待ち遠しいです♪デンゼル様〜!あとスイニー・トッドのヘレンとティム・バートンが結婚したそうです。ティム&ジョニデのコンビも好きなので次回はスイニー・トッドを観てみようと思うのでした。
author:POP, category:MUSIC&MOVIE, 16:22
comments(3), -, - -
ラッシュアワー3
ここんとこずっと忙しいダンナの息抜きにでも、と言う事で映画に出かけた。時間も時間だったので、ラッシュアワー3のチョイスしかなかったため、そうした(笑)。いつものようにポップコーンやナチョスとドリンクを買いシアター内に入ると映画は既に冒頭のシーンだったが、特に大きなストーリーを見逃す事もなかったようだ。

まず、ジャッキー・チェン・・老けたなあ〜とか思っていたら、お湯をかける少女のイメージもなかなか拭い去る事が出来ない工藤夕貴・・老けたな〜とかって考えていたが、ふと思いついたのが・・

おいおい、もしかしてそういうことっちゅーことは・・私もか?
author:POP, category:MUSIC&MOVIE, 14:48
comments(6), -, - -
シッコ
数年前になるが前回アメリカに行った時に日本人の女性達が集まり、ある方のお宅でお茶しながら色んな話をした。たまにメールでやり取りしていたYさんに、アメリカにずっと住むつもりかと言うような事を訊ねた時、彼女の答えは「ノー」だった。なぜかと聞くと確か私と同年代の彼女は「最近回りで病気になる人が多くて、自分も色々とそういう事を考えるとずっとこっちに住むことが難しいのだと。初対面だったSさんの両親もグリーンカードを持っていてアメリカにずっと住んでいながら健康面で、結局は日本に戻ってきてしまったと言う。アメリカは医療費が高いのだ。日本で言う保険制度がなく、保険会社から保険を買うのである。日本ではいわゆる保険が利くという医療に関しては国保で最大自己負担は三割だが、アメリカの場合はその保険によりかなり違うらしく、オプションのように色々と付け足したりしていくようだ。それにより歯の矯正なんかまで無料になったりするのだ。逆にオプションを買っていなければ出産費用に関しては全額免責と100%の自己負担を強いられたりする。日本なら保険がない人が病院に行って診察と薬、という特に重大な病状がなければ1万円前後だ。しかしこれがアメリカになるとその10倍と言う事も珍しくなく、医療は人道であるべきなのに自由大国アメリカでは病気になることが命取りになる。つまり財産を失いかねないと言う事だ。

映画の冒頭で出て来る人が誤って指先を二本落としてしまう。保険に入っていなかったためにその接合手術に掛かるお金が、薬指$12000、中指$60000と言われたために、中指とはお別れすることにしたのである。マイケル・ムーアはこういう話しを求め彼のウエブサイトで医療で痛い目に遭った人を募集すると、24時間でそれに関連するメールは驚くほどの数が彼のメールボックスを埋め尽くしたのだった。丁度その話しを知った孫を持つあるおじいさんは、両耳が聞こえずに耳の軟骨の移植を行ったが、保険会社の決定で片方の耳の手術のみ認めてもらえずもう片方の耳の手術も本来ならカバーされるはずなのに却下されたため、保険会社にもう一度抗議をする。「そういうつもりなら解かった、しかしマイケル・ムーアが今こういう話しを探しているので、この事例をメールするつもりだ。お宅の上司は映画に出演した事があるのかね?」。すると数日後に保険会社から、いま一度検討した結果お孫さんの手術へGOサインが出ましたと連絡がある・・・。恐るべしマイケル・ムーア・・(笑)。

この映画を見るまで知らなかったのだが、先進国ではカナダ、イギリス、フランスは基本的に医療費がタダなのである。もちろんそうは言っても実際にそのシステムが抱える問題はそれぞれにある物なのだが(日本もしかり)、日本に比べると遥かに税金や特別予算なんかで余る金があったらそっちに回せと言いたい位、国庫金の使い方に正当性が感じられたりする。フランスでは小さな子どものいる家庭に「乳母」が訪問してくるシステムがあり、週二回、一回につき4時間まで家庭のことをやってくれると言う。これもタダなのである。ヨーロッパでは小さな子どもを大切にすると聞く。スェーデンなどでは小さな子どもがいる親は公共の乗物に並ばずに乗ることが出来る。自然と大人が譲るのだ。社会全体の子育てで未来の納税者をみんなではぐくむ、というものなんだろう。日本では介護保険も野放し状態で、実際に必要な介護が受けられないと言う。窓は二枚以上拭いてはいけないとか、そんな細かい取り決めがあるのだそうで、今まで120分受けられていたサービスが90分に短縮されたため、ゴミ収集が8時に来るとしたら10時に開くスーパーには行ってあげられない、そんな問題も多々でて来ているという。医者も本当に必要な産科と小児科は訴訟のリスクが多いために医者になりたがる人も年々少なくなっているらしい。そんな事を考えると気がつけばアメリカのように高い保険料を払わされて、満足な医療や保障を受けられない、そんな日も遠くないような気がするのだ。

とにかく、ますますアメリカが嫌いになる映画であった。アメリカ移住計画は断念でなく中止としたい(笑)
author:POP, category:MUSIC&MOVIE, 20:49
comments(4), -, - -