RSS | ATOM | SEARCH
チャーリーとチョコレート工場
GEOで始まった三日間のセールの初日の昨日、閉店間際に行ってみたら一本だけ戻ってきていた(と思う)チャーリー・・があったので借りてみた。結局この映画は他の映画見たさに見そびれて、DVDの登場を待ちわびる事になったのだった。のっけからティム・バートン・ワールドが広がる。ブラック&ホワイトというより青みのある鉛色のどんよりした寒空で、やったー♪と思わず拍手。子役の子供の純真な演技もそうだが、ウンパ・ルンパが最高でした。彼はイギリス人の有名なミゼットの役者だそうで、アカデミー賞こそはもらわないと思うが、MTVの主催するミュージックアワードでベストファイター賞なんかがもらえると。このアワードはアカデミー賞で実際使った会場を使用し、MTVらしくいきなりお酒も振舞うので、受賞した女優なんかがほんのりと赤くなった顔でやっぱり「酔って」舞台でスピーチしたりする事も少なくありません。で、ベストダンス賞とかベストキス賞とか本家アカデミー賞にはない、MTVらしい観念での賞を貸与するという、ある意味脇役が主役になるようなもらい甲斐のあるショーだと言い切れるでしょう。

で、内容ですが本当に馬鹿げてます。これもほめ言葉ととって下さい。STUPIDを連発しながら見てたわけですが、少し前に見たマーク・マイヤース主演の「CAT IN THE HAT」という子供の教育絵本、Dr.SUEASの絵本からの映画に、その馬鹿さ加減が非常に似ていて(SAME STUPIDITY)面白かった!そしてチョコレートの艶や照りなんかも非常に美味しそうでした。子供と一緒に楽しんでくださいな。主役はウンパ・ルンパです♪


チャーリーとチョコレート工場
チャーリーとチョコレート工場

ハットしてキャット スペシャル・エディション
ハットしてキャット スペシャル・エディション





author:POP, category:MUSIC&MOVIE, 15:38
comments(5), trackbacks(0), - -
Comment
バートン作品は、背景が綺麗ですよね。個人的には昔の『夢のチョコレート工場』の方が好きかも・・・。
昔、英語再勉強の為に買ったペーパーバック本、未だに読み終わっていない。
ノラ, 2006/02/19 7:37 PM
大好きなエドワード・シザーハンズを結構髣髴とさせる雰囲気でした。鉛色の白黒とパステルカラーの感じ。

ティムはリス嫌いで、あのリスたちは本物、一番苦労したシーンだとメールが来ました。本当は何かのインタビューでやってました(笑)
POP, 2006/02/19 9:41 PM
チャーリー〜は暮れに飛行機の中で見ました(やったー!と思わずガッツポーズ)
馬鹿げてるけどものすごく風刺が効いてて、そのくせ落ちは「おっとそうくるか」となんともミラクルなストーリー。
それからティムもNG出したほどというジョニーディップの入れ込んだ演技が魅力たっぷり、最高でした♪
maki, 2006/02/21 11:13 AM
買ったわっ!DVD♪
しかも2枚組さね!
クルミを振って音を聞くリスの訓練しているところがかわいかったよ♪
ウンパ・ルンパが売ってたら買うかも〜。
みき, 2006/02/21 11:35 AM
くだらないという意見もありましたが(次女)、面白いです(笑)
POP, 2006/02/22 12:45 AM









Trackback
url: http://poplog.u5girl.com/trackback/927270