RSS | ATOM | SEARCH
つじつまあわせ
突然の事でショックだったけど、元気です。彼女の身内と話したわけではないのですが、友人の自殺の理由はとある方との会話で自分なりに解決できました。ここ数年会っていなかったので勝手な事と全てあとづけのつじつま合わせですが、スピリチュアルな特別な力を持つその方によると、彼女の前世は彼女がなくなった歳でやはり自殺している事が有力だと言う事。そしてそれを受継いでしまった彼女の宿命はたやすく変えることができないと言う事。彼女は33年と言う短い人生だったけど、その日に向かって一生懸命生きた事、など決して霊の世界などを強く信じる私ではありませんが、例えば付き合っても男性に溺れる事はなくどちらかと言うと冷めていたような感じもするのですが、無意識のうちにその日が来るのを知っていて悲しい思いをする人を最小限に留めたのかとか、何をそんなにというくらい貪欲に遊んだり、彼女のお父さんが告別式で「自分達も出来ないような経験をたくさんして、太く短い人生だった」と言ったけど、やっぱりその日を知っていたのか?そんな小さなひとつひとつの事を考えると合点がたくさんあるというか、もしかしたらそういう風に信じたいとの思い込みがそうさせるのかもしれないけれど、でもなんだがとっても前向きに彼女の死を捉えることが出ました。

死顔も本当に安らかで、とても救われた気持ちです。突拍子もない事をする子だったので、なんか「やっちゃいましたよ」と照れ笑いしているような姿も、「自分でも良くわかんないんですよねー」とあっけらかんと言い放つ姿も、「ホントに大丈夫ですから心配しないで下さいね」という人に気を使う姿も、こうやって書き綴っている今も涙は出てきますが、自殺=不幸、重い、暗いというようなネガティブな気分でないのはとっても不思議です。

でもね、やっぱり辛いです。私たちのグループは(私がちょっと飛びぬけて年上でしたが)一人前の女性として生きる三十代前の女の子の月日を一緒に過ごして成長してきたし、本当に楽しい思い出しかないのです。私と誕生日が一日違いだったりして、歳は離れてたけど気が合ったのでつるんであちこち出かけたり。特に二人で行ったマイアミは楽しかった〜!片道4時間かけて車でセブンマイルスブリッジを渡りキーウエストまで行った帰りに、彼女が運転していて警察の車を発見したから「気をつけて」と私が言うと、てんぱったのかなぜかスピードアップした末に警察に捕まり、この時に限って私の国際免許も彼女のIDもホテルに置き去り・・私のパスポートが辛うじてあったのでそれでなんとか勘弁してもらえた事件とか(笑)、夜中のぬるい海水のビーチでダラダラしていたら警備の人が来て、先週このビーチでホールドアップがあったから危ないから帰りなさいって言われたり、同じビーチで昼間、横にいたゲイのカップルの肉体にサングラス越しに見とれたり、夜はバーやクラブを回ったり、昼間は買い物したり。どこのレストランも美味しかったし・・・。

とにかく裏表のない付き合いやすい子だったので、告別式に来ていた家族はもちろん友人達は男女の差もなくとにかく号泣と言うような最後でした。実際に葬儀会場まで行く間に二度ほど道を間違ってしまったのも、致命的な方向音痴だった彼女の仕業だったかもしれないし(笑)、多分「こんな時じゃないと会いに来てくれないんだから」って拗ねたりしているような気分にもなったし・・。遺影もね、とっても可愛くて幸せそうで・・最初はしばらく会わなかった時間を後悔したり、こうしてあげたらああしてあげたらと悲しさ一杯でした。初めて死んでしまった人間に触れましたが、柔らかいのには驚きましたが、ドライアイスで冷蔵状態で冷たいのでびっくりしましたが・・・。いざ骨になってしまうと人々も感情が一段落するのか、係の人の、コレがのど仏ですとかの解説の時は今まで男泣きに号泣していた大男が、興味津々の小学生のようになって「へえ〜〜〜っ!」って言う顔で覗き込んでたり(笑)、骨壷に全て収めた後に「ではこちらはどなたがお持ちになりますか」という親族への問いかけに無邪気な彼女の甥っ子が(8歳)ハイ、と手を上げたり・・(笑)、悲しい中にもちょっとしたクスクスがあったりして、いつも面白いものを見つけては笑っていたことの多い私たちだったから、泣いたり笑ったりの一日でした。

私にはこれだけ近い友人の死は初めての事だったので、やっぱりなんとも言えない気持ちには時間の経過が必要ですが、人の死から学ぶものと言えば、今ある命を一生懸命生きる事と、愛する人(家族、友人)へとのかかわりを大切にする事。皆さんもどうぞ、しばらく会ってない友人に電話やメールをしてみて下さい。喧嘩してわだかまりがあったりするけど気になる人がいる人はなおさらの事、元気にしてた?と声を掛けてあげてください。ホントにね、もう一度ゆっくり話がしたかった、そんな私のような気持ちになる前に、ね♪

*まりこさん、今回の事で色々と話を聞いていただいて、また素晴らしいアドバイスを頂いてありがとうございました。
author:POP, category:ディープな話, 17:00
comments(2), -, - -
Comment
本当に楽しい思い出が沢山あるよねー!
思い浮かべると想わず笑顔になるよ^^
彼女の死の真実は誰にもわからない。
もしかしたら彼女自身が説明付かないかもしれないし^^
わたしは自分に都合がいいと言われようが、彼女の死を辛く苦しいものとは捉えない。というかそうは思えない。
あの安らかな顔は真実だよ。この目でみたもん^^
彼女は私達にいろんなメッセージを残して行ってくれたのだと思う。
寂しくて悲しいけど私の知っている限りの友人達は彼女の死を前向きに捉えている!
とはいえ今はまだ気持ちの浮き沈みが激しく自分でも困っています^^;
めぐみ, 2007/04/17 2:10 AM
いや〜、よくわかんないんっすよ、フフフって笑って困ってる姿が目に浮かぶよ(笑)。
でも私達の中でもめぐちゃんは一番近い位置にいたからね、
めぐちゃんの気持ちはとても複雑だと思うよ。

これで良かったんだと信じたいよね。

もうすぐお誕生日じゃないの〜、今度は子なし、車なしで出かけますわ♪
POP, 2007/04/17 3:24 PM