RSS | ATOM | SEARCH
沖縄 パート2
機内のアナウンスで気づき、窓の外を見ると視界に入って来出した礁や小島などの周りには白い波がはっきりと・・。そんな判断も残念なことに的確であり、夕方の高速艇はキャンセルになっていたため、空港ロビーで携帯片手にホテル探しをする。ツアーデスクを見つけホテルのリストを貰うがホテルが少ないのでやはり携帯サイトをいくつか見比べ、国際通りに面したホテルを探したがめぼしいホテルは春休みのためか満室・・結局5400円朝食付きという国際ホテルから徒歩5分ほどの立地にある【ホテルサンパレス球陽館】に決めた。

家族が合流して、まずはレンタカーのピックアップだ。船の関係で泊港に営業所を構え、空港からの乗り捨てもOKだというOTSレンタカーを予約済み。車はほとんど新車の日産NOTEだった。コンパクトだが室内が結構広い。ナビも付いていて保険入れて6時間4500円位だった。沖縄には電車がない、といっても市内のモノレールだけだ。タクシーも安いが、やっぱりこまごまと動くのにはレンタカーが一番だと思う。まずはすぐ近くのモールにてソーキソバで腹ごしらえ。おいしかった!室内にあるアスレチックに子供が睡眠不足にもかかわらず狂乱。こんなところで時間をつぶしても何なので、これまた意味もなく玉泉洞のあるおきなわワールドへ向かう。ナビがうるさい。方向感覚が大して悪くない私は自家用車にもナビをつけていない。70m、30m、とアナウンスが入り、慣れないと曲がるタイミングも難しい。こうして化石のような人間になっていくんだと思った。おきなわワールドは大したことなく(笑)、でも15年も昔に来た時の面影がないような・・??ブルーシールの黒糖アイスが美味しかった。ダンナは車で昼寝していた。このあと疲れていたダンナに気を使い特に何もすることなくレンタカーを返却・・・。ホテルまで送ってもらう。

ホテルはまあ古いといえば古く、パッケージのツーリスト用、という構えであったが部屋は改築したらしく、エレベーターから部屋に向かう間にもアジアんちっくなインテリアだったり、なんせホテルの説明をみると「ロハス」な空間だそうで、追いついたと思った時にはロハス自体が死語になっているという寂しげな形容でもあったりする。くつろぎの空間とかそんな漠然としたものでいいのに・・。部屋は禁煙が空いてなく、一瞬悩んだがそんな時間もないので喫煙の部屋でもと言うと、オゾンだかの消臭できる機械を回しておくとのことだったが、たばこの匂いは全くせずひと安心(どんな空気清浄機でもたばこの匂いは消せても有害物質は除去できないのだ)?窓から見える景色はすぐ隣のビルで新聞社のようだった。まあ景色など期待しないとりあえずの宿なので良いよ、もう。しばらくゴロゴロと横になったり、映画のカードを買ってスパイダーマン3を見たりして、いよいよ本格的におなかが空いてきた。国際通りへGO!夜風は適当に暖かく、肌寒く、といった感じでてくてく歩くには十分すぎるくらいだ。国際通りまで子連れでぞろぞろ歩いて5分ほど。

予習していったが国際通りは度肝を抜かれる位の変貌を遂げていたのだ!一昔以上前になるが、観光客相手のお土産屋はもっと風情があった。おきなわやに代表されるようなネオン管がけばけばしくて、ご当地キティやキューピーなどのグッズがある店がゴロゴロしていて、私の知っているような佇まいの店は数えるほどだった。ちょっとショック・・。でも市場への通りなどはまさしく昔の国際通りの名残があり、ローカル気分を味わえるので一安心。食事はけばけばしいネオン管のおきなわやの2Fにあるチャーリータコスへ。泡盛すすりながら、うちなー料理食べたり島唄ライブの店などで(これもかなり多い店の類)だらだらと過ごせないのが残念・・。あちこちと店を覘き帰る日にまた立ち寄り買うお土産の下見をする。ピロピロピー!とかなりうるさい笛を子供たちに買うダンナを恨めしく思いながらホテルにほとんど戻りかけた角まで来た時、びっくりしたことにダンナの知り合い(正確にはツアー中に知り合った、あるアーティストのファンでツアー中は北海道、静岡、そして東京とショーを見に行くと言っていた)に出会う。彼はマジシャン?もしくはマジックを得意とする人で目の前でいくつかマジックを見せてくれた(突然すいませんでした、そしてありがとう♪)。ビールを買ってホテルに戻りこれまた飲まないダンナなので一人でビールをちびちびとやりながら、ロビーにあった15分100円のインターネットで明日の情報を収集。もし明日も天候不良だったら・・という不安を胸に近場のリゾートホテルを探した、念のため。目の前がオフィスな景色は1日で十分だ。大阪でも名古屋でもなく沖縄なのだから。高速艇はだめでもフェリーはかなり波が高くてもOKだということもロビーにいたスタッフから耳にして就寝。朝は普通に目が覚めて、サイトで評判の良かった朝食バイキングへ。和洋折衷で沖縄料理もあり、その昔私を虜にしたシークワーサージュースもあり、ツーリストホテルのランクでありながら内容はなかなかのものだった。那覇へステイするならここのホテルすごくお勧めです!

タクシーを呼んで港まで10分弱。マリンライナーの朝便は欠航、フェリーで行くことにした。

またまた長くなったので続く・・(はしょれない〜・・涙)
author:POP, category:, 01:08
comments(0), -, - -
Comment