RSS | ATOM | SEARCH
Bスポット療法
 3年前のある秋の日、朝起きると鼻の奥の不快感が襲った。いずれ治るだろうと放置していたのだが、一向に治らず。その後も様子を見るがいよいよ生まれて初めての耳鼻科へ行かないと、という気持ちに傾き始める。近所で割と評判のいい耳鼻科は、待ち時間が一時間以上の事もざらだという。多くの患者たちは受付を済ませ、買い物などに出かけてしまったりするようだ。

名前を呼ばれ診察室に入り、さらにそこから数名待っていて10分ほど待つ。症状を伝えると「副鼻腔炎」でしょう、ということで処方された3日で1週間分と同等の威力をもつという抗生物質と鼻水や痰を切るというムコダインを服用し始める。1週間後、2週間後、ひと月後と様子を見せに行き、そのたびに細長い噴射器のような金属のチューブで鼻の中をスプレーされ、その後はネブライザーとお決まりのパターンを繰り返すが一向に良くなる気配もなく、耳鼻科へ向かう足はだんだんと重くなり、その間隔も空いて来てはフェードアウトを繰り返すこと数回。1年ほど経った頃だろうか、不快な症状は一日として消えることさえなかったが、度を超えると閉塞感に襲われるような日もあった。その場しのぎであろうスーパーミントキャンディなどでなんとか乗り切りもしたが、痺れを切らしまた耳鼻科へ行った。

以前に処方された薬を飲んでも全く改善しない、いうなれば鼻の奥でずっと鼻水が貯まっている感じがして、鼻をかもうにも吸おうにも何も解決はしない。これはいったい何なのでしょうか?すると国大を出てそこそここの辺で有名な耳鼻科の先生は、そういえばレントゲンとりましたっけ?と。首から上を放射線にさらし、出来上がったスカルのシースルーは白く濁ったサイナスなど見つからなかったのだった。副鼻腔炎・・シロだった。そこでその名医と呼ばれる医者は「アレルギー性鼻炎」との判断を下し、ムコダイン(のちにこの薬は「おまじない」程度だと知り合いの耳鼻科の医師に聞かされる)と抗アレルギー剤が処方されたが、これでも何も変わらず、結局は日本の医療保険制度の無駄遣い。鼻うがいにもすっかり慣れていた(これはこれで鼻がすっきりとして気持ちが良い)。

ネットで自分の症状をとにかく探す。後鼻漏の症状も当てはまるのではないか?とにかく苦しいときは苦しい。そんな日々を送っていた。ある日試しにのどスプレーをのどに噴霧してみると、通常時で痛みを感じないのにスプレーしたところが滲みる。その後のどの不快感はしばらくの間消え去ることが分かった。のどスプレーをする日々。以前にアメリカに住む友人にもらったプロポリスが入ったスプレーがあることを思い出しいざやって見ると・・すっごく滲みる・・!そのせいか普通ののどスプレーより不快感がなくなることに気づいた。このあたりでBスポット療法という隠れた治療法があることを知ったのだった。

Bスポットというのは風邪で喉が腫れた時にルゴールを塗るあの場所の事で、上咽頭を差す場所に、1%の塩化亜鉛水溶液を塗布するという簡単ながらそのエビダンスには程遠く、発祥者が「どんな病気でも治る」と言ってしまった故にいうなれば闇に葬られた治療法なのだ。ゆえに割とお年寄り以上の年齢の医者なら知っているが、それでも実際にそれを行う医者はほんの少しだけ。この治療法に興味を持った私は近隣で探すが、区内、市内には見当たらず、少し幅を広げて川崎と茅ヶ崎にある程度積極的にこの治療をしている耳鼻科を発見する。これが今から一年もしないが半年以上前だった。この間はプロポリス入りののどスプレーでしのいでいた、というかプロポリスの持つ収斂作用を塩化亜鉛水溶液の持つ収斂作用と重ねて、(奇跡的に)治る日を夢見ていたのだろう。ほとんどなくなってしまったボトルをネットで取り寄せた。

しかしながらいよいよプロポリスにも頼れなくなって来るのは実感してた。そろそろあのBスポット療法を試す時がやってきたのだった。色々な書き込みを見てみる。とにかく滲みて痛くて一日をふいにしたなど、「痛い」記事が目に飛び込んでくる。プロポリスもかなり痛かったが・・・。その時は来た、とばかりに決心し、茅ヶ崎にある耳鼻科へ向かう。車で行こうとも考えたのだが、金曜だったので帰りの渋滞が少し不安、電車で向かった。

駅から近いというその医院はすぐに見つかった。待合室には数名のみで時間がかかる様子もなかった。受付を済ませ名前を呼ばれる間、5分ほど。今までの経緯をざっと話し、Bスポット療法(またの名をクロールチンキ療法)が残された道だと思うので試してみたい、ということを伝えた。私より少し年少の医師は、しっかりとした口調と態度でBスポット療法について簡単に教えてくれた。最初はその方法さえ推奨しないような感じだったが、せっかくだしということで試しに?やることになった。

最初はマイクロファイバースコープを片方の鼻から入れ、上咽頭の様子を見てみるとやはり赤くはれているということだった。やはり患部はそこにあるようだった。鼻の奥、ずっとそう信じて来て、名医も疑わなかった鼻の奥とは、実は喉の上側であることがようやく判明。プロポリスのスプレーでうすうす分かっていたが・・。スコープと入れ替わりに名医のところでも使った細長い管が付いた噴霧器でシュッシュと鼻の奥にスプレーをする、今度は長い針金状のものに良くある薬瓶のふたを開けて、先端に付いたコットンに浸し、迷いも見せずに鼻からそのワイヤーを差し込んだ。うげーっ、今までに届いたことのない個所に薬を浸したワイヤーが・・間髪いれずもう片方の鼻にも同じようにワイヤーが差しこまれた。滲みます・・が、プロポリスで慣れていたせいか、膝が砕けるような痛みはない。いうなればプールで呼吸を誤り、鼻の奥にプールの塩素入りの水がツーンとMAXに滲みている感じ。何とかなりそう、そう告げると医師も感心していた。そしてその後治療はそのまま放置プレイへと突入。(乙女の両方の鼻からはワイヤーが飛び出ている)数分置いたところでワイヤーを抜く前に、その個所のあたりをこすりつけるようにしてから抜いた。ネブライザーをしてる間に、喉の奥から溜まっていた感じの唾のようなものが大量に出る。スプレーをしてこうなる時もあったがこの後は快適に過ごせるのだ。2880円の会計を済ませ駅に向かう。

しばらくしてなんとなく症状が軽減された感じがする。今はまだ不快感は100%取れきれていはいないが、断じて軽減されている。少し遠いがもうもっと良くなるまでしっかりと通ってみようと思う。ちなみに処方は必要ないでしょうと、出されなかった。意外とこの医者は、ろくに診察もせず口数の少ない名医より信用できるのかもしれない。行って良かった。ちなみに処置後数時間はずっとツーン感が鼻の奥に消えることはなかった。しかしながら私には十分耐えられる痛みだったのでこの療法が向いているのかもしれない、と思った。
author:POP, category:ディープな話, 00:18
comments(5), -, - -
Comment
はじめまして。Bスポットを受けたいのですが、近場に受けるところがない…

治療を受けられてうらやましいです。

感覚だと喉のどのあたりでしょう?
さわ, 2011/09/24 9:12 AM
さわさん、放置ごめんなさい・・。

感覚だと鼻のずっとのど近くだと思っていたのですが
正確にはのどちんこの裏側あたり(触れない場所だから説明がむずかしい・・)だと思ってます。

そのあたりに痰がへばりついていて
鼻をすすってもすすっても取れない、うがいしても取れない・・
鼻うがいをすると多少はすっきりするっていう感じですかね。
プロポリスののどスプレーをするとそこから痰がたくさん下りてきます。
そしてかなりしみるので炎症がある事はなんとなくわかります。

副鼻腔炎や鼻炎と誤診される事も多いようですよ。
Bスポットはエビダンスが確証されていないので療法というだけで
きちんとした治療法ではないようです。
ちょっとおじいちゃん先生な感じのところを探して見ると良いかもしれませんね。

私も実はやっぱり遠くて3回通ってそれっきりになってます。
元々行っていた耳鼻科に再度通うか考え中。
ムコダインと抗生物質の長期投薬で治れば良いんだけど・・
長期的に薬を飲むのもかなり大変です。そのうち飲まなくなってしまうので・・

でも何とかして治したいですよね。私も一年中、一日も欠かすことなくずるずるしている感じです。全く慣れません・・
POP, 2011/11/06 7:49 PM
はじめまして。
「Bスポット」で検索してたどり着きました。
切実に質問します。
読んでいると鼻からのみ塗っているようなんですが、口からは塗りませんか?
私は嘔吐反射がすごくてできれば鼻からのみやりたいのです。。。
鼻からでも嘔吐感あります???
みー, 2012/10/10 10:41 PM
はじめまして。 Bスポットから検索してこちらにたどり着きました。 私も長い間喉の痛みと鼻炎?に悩まされていて、後鼻漏ではないか?と耳鼻科に行くもよくわからないのか聞き流されてばかり、、、住まいが横浜なので茅ヶ崎と高津の耳鼻科検索しました。 その後bスポットはやられていませんか? あまり劇的な効果はないのでしょうか? 
やりたいけど激痛なのかとか今より治療後のほうが痛かったら生活できるのか、とか不安でいっぱいです。。。涙
ユッケ, 2012/12/11 9:52 AM
放置のあと、化石レスごめんなさい・・

みーさん、口からはやりませんでした。鼻からの嘔吐感はありません。もしかしてルゴールを塗るような感じで塗るお医者さんもいるかもしれないですね。相談されるといいと思いますよ。


ユッケさん、通うのにめげてその後行ってません・・。激痛といっても一時的で、痛みを例えればプールで鼻に水が入ったあのツーンとする感じです。私の場合、一時間も痛くはありませんでした。
POP, 2013/04/12 5:01 PM