RSS | ATOM | SEARCH
爆弾発言その後・・
 石けんを販売する事に関して書いた記事、これは私だけでなく、しゃぼんmamaさんやみいさん、ツクツクさんも書いてるんだけど、ソーパーさんたちが感化されて色々揺れ動いてる、そんな感じがそこかしこで最近目にする事が多くなった。それも二分化している感じで、その一つは、色々ともやもやしながら売ってましたがきっぱりやめます、という意見と、そういう事情も重々承知だけど売る事は止めません、と言う意見。後者も開き直りと言うか、きちんとした手段をとって売っていない以上、法の網をくぐって使用目的やその表現を変えたり、小細工しながらも内心のもやもやはぬぐえないはずです。心の底で保健所や所管のどこかから立ち入り調査されたらどうしよう、という気持ちは絶対にあるはず。


それでもみんな立ち止まって考えるきっかけになったということは非常に喜ばしい事で。本心は石けん原料のFO売ってるからそんな反発で売上落ちることも少しは頭をよぎったけど(実際にはそんな事はなかったけど)、やっぱりそういう結果がある事を考えると7月に思い切ってアップして良かったと思います。私がそういう内容のブログを書いたのは、自分が石けんを作り始めたきっかけとかそんなところに及ぶんだけど(頭皮のトラブルからアレッポに行ってそこで見つけた)、ファーストバッチの泡が立った瞬間、あの感動覚えてるかな?私は声に出して「ちゃんと泡がたつ!すごい」と言い放ったよ、誰もいなかったけどw

 
当時から石けん売ってる人はいたものの、今となってはおしゃれなショップを見て「自分もお店をやりたい」って主婦とかのはかない夢?ではないけど、見た目にも可愛い石けん作って、ラッピングも可愛くして、言い方悪くてごめんだけどね「お店屋さんごっこ」やりたい人がぐんぐん増えて、石けんを売るために石けん作りを始めたいって言う人がいる昨今、なんか歪んでる・・と思わずにいられなかったからなんだよね。言い方変えると「自分を認めてもらえる一つの方法」でもあるんだな、きっと。社会に出ると既婚、未婚関係なく、女性の場合は特に自分を認めてもらえる事ってグッと少なくなるから、そういう心理も働いているんだと思う。


そういう私もその昔、友人のやっているブティックに石けん卸したりしてたけど、やっぱり自分の石けん作りたいモチベーションやそのタイミング、そんなのは無視して作らないといけない、無理矢理レシピ考えて、あー、明日は3バッチ仕込まないと・・と、作る事は楽しくてもその目的が違ってきて、もちろん仕事にする、報酬を受け取るという事はそういう事だから仕方ないんだけどね。でも多少でも売り上げになれば家計が少しでも助かるし、ブログに書いたような、人件費なんて関係なく売上―材料費=ひと月分のランチ代?だけで満足していたし、だから自分の作ったものが人に認められて喜ばれてお金になるという気持ちもすごくわかる。でもやっぱり違うんだよなー。法律とかどうこうじゃなくて、手作り石けんの根底にあるものというか抽象的かもしれないけどね。


驚いたのがそれで生計を立ているからという人もいたんだけど、生計立てなければならないほど家計が大変ならもっとましな仕事した方が良いとか、余計なおせっかいでしょうが思っちゃう。生計と言っても子供がいれば塾やおけいこ代(意外に馬鹿にならない・・)くらいにはなるかもしれないけど、それだって主婦には大助かりなのもわかりますよ、同じ立場として。ただ、心のどこかでもやもやしているものはやらない方が良い、それが私の持論だな。こういう発言の同意があちこちで見られる最近、売りたいソーパーさんたちは「窮地に追い込まないで」と嘆いているかもしれないけど、元はといえば?と言う事を今一度考えてみて欲しい。


あと「手作り石けんの良さ」は使う楽しみだけではなくて、作る楽しみから教える事が重要だと思うんだどね、手作り石けんの良さを伝えたくて売っているって、まるでマルチビジネス信者のような発言。あれも非常に見苦しいと思いますよ、私からするとね。キレイごと意外の何でもない。そんな事言ってくれるな、って泣き入れる人もいるけど、じゃあやんなきゃいいんだよ、最初から。そこまでして売りたいなら、シラこいて堂々と売ればいいんだし。ただ私はやっぱりそれはいけない事だというのは折々口にすると思う。誰もいなければ信号赤でも渡るし(車はさすがにしないよ、罰金もったいないじゃない)、必要に応じてゴミは夜中に出すし、魚の骨を野良猫に上げたり、私も世の中のルールを100%守ってるわけじゃない。でも手作り石けんだけは譲れないある種の聖域なんだよね、自分にとって。もし売る事が合法になったら売りたい人は売ればいいと思う。私はきっとやらない。


石けん教室をやってると色んな人に出会う。1回こっきりで来なくなってしまう人もいれば、ほぼ皆勤賞の人もいて、付き合いが長くなると石けんを通して人間への付き合いへとその関係が広がる。それは石けんじゃなくても人と人とのつながりはどこかで必ず開けていくものなんだけど、石けんという私がプレゼンできる一つのライフスタイルでもあり、自分から発信できる「何か」である事は間違いないんだよなー。巷ではベテランソーパーとか私も呼ばれているらしいけど、なんかしっくりこないけど、ブランクもあれば無駄に年月だけ流れていった『いい加減ソーパー』であることは、するなっていわれても自慢できるし、大した技もなければ、EOなんかはいつも適当ブレンドで二度と同じものは作れなかったり、いつも精進のために石けん作ってるわけでもない。でも、すでに自分で作った石けんを使うという事は生活には欠かせない事になってるし、無駄に経過しているだけのソーパー歴だけど、そこでお金儲けとかそんなの関係なく、純粋に石けん作りをすることから生まれてくる感覚や経験で伝えられる事はそれなりにある。「いい加減」も「良い加減」も、楽しくゆるく石けん作りをするうえでは欠かせないものだし、いつまでも楽しく作っていきたいと思う、今日の私の気持ちを綴ってみた。
author:POP, category:-, 23:43
comments(10), -, - -
Comment
I totally agree.
ホントにそう思うわ。

自分で製作した物を売る、その責任をもっとしっかり考えてほしい。
物作りを志す人間として、心からの叫びです。
きてぃ。, 2011/11/25 11:11 PM
あらら、これはいにしえのソーパーさんじゃありませんか?w

食品衛生法とか販売の許可のない人がケーキ売って、美味しいと評判で
そういう許可等とらないといけないのは知ってますけど、このままやります・・
そんなんだったらすぐに捕まりますよ。

ツイにも残したけど、売りたい人は結託して行政にアクション残すなり
それまで強い意志があるなら、色々とやってみれば良いのに。
もしくは正々堂々と売れる道をとってみるとか・・
元手は掛かるけどね、そうやって夢をかなえている人はいるし
(儲かる話はほとんど聞かない)
私はお店も実際の店舗かまえてやったことあるけど(飲食と衣料品ね)
商売しようと思ったらやっぱり百万単位でお金は飛んでくよ。
そうやってみんなやってるんだよねー。

作りました、評判良かったです、売ってみました、売れました・・商売そこまで甘いもんじゃないと思う。
POP, 2011/11/27 11:35 PM
ホントにそう思います。
会社だったらね、企画書なんかは
係員→係長→課長→部長・・・ハンコが回って決まっていくんだけど、個人で自由にできるものって独断でぐんぐん進められるので「省みる」ってところがなくて安易に世間に出てしまう。
料理もそうだし、す〜〜ごく極端な話
「運転免許持ってませんが、運転はできます、免許取るのに時間もお金もかかるんだよね、あ、でも事故があっても責任取れませんから、覚悟の上でそのへんあるいててください」ってかんじ。

知らなくてやってしまう部分は人間だからありますもん、でも、ちゃんと知ろうとして、勉強しようとしてる人の発信をうけとめて、そうだったのか自分も!って、思わなくてはいけないはず。普通は思うけど、ここも気になるところ、肝心なところで(あ、わたしはいいんですよ、知りたくないのでほっといて!)っていう人が増えたようにも思う。これも時代?

交流している京都の有名な石けん屋の社長のことば。いいものだと思うものは、ちゃんと売らなくちゃ伝わらない。ちゃんと売るってことは、すぐに手を引けるような体制では取り組めないって。
お金かけて、時間かけて、たくさんの人の手が加わって形になっていくものなんですよね。かけなくちゃいけないお金もそれはそれは厳しい。

でも、市販の物にはそう言ういろんなコストが乗っかってしまって、買い手としてはなんだか無駄に思う
というのであれば
自分で作って自分で楽しむという方法は、しっかり守られているのでそこでいいと思う。
それができなくなってしまうような流れは作りたくないですよね。
今の法律変わるとは思えない、でも、いいものだよ、っていう事は伝えていきたいですよね。
しゃぼんmama, 2011/11/28 8:59 AM
mama、コメントありがとう。

初めて自分で作った石けんが泡を立てて
それで体を洗った感激、忘れてしまわないで欲しいね。

(少なくとも違法で)売ってる人は、こういう事実から目をそむけずに
自分が何をやりたいのか、はっきりと見つけて欲しいね。
自分は未許可でケーキ売ってる人とも、無免許で運転する人とも違う!石けんは違う!
と言う人がいるのであれば、きちんとした泣きごとではない意見を聞いてみたいな〜。
POP, 2011/11/28 9:48 AM
パチパチパチパチ(^-^)//""

私もこれからゆっくりのんびり、いい石けん作りたいと思います。
ツクツク, 2011/11/28 11:25 AM
どうも、どうも、ツクツクさんいらっせー。

やっぱり時間や締め切りに追われる石けんは
気持ちの込め方が違ってきます。

自分に嬉しい石けん、これが手作り石けんの醍醐味よね!
POP, 2011/11/28 11:44 AM
何回もすいません。
今日の記事からまたリンクさせていただきました。
ご迷惑でしたらご連絡ください。
ツクツク, 2011/11/28 3:24 PM
POPさんかっこいー。

最近色々な人の発言を見てて、本当にモヤモヤします。
そんなに売りたいんなら正当な手続きを踏んで化粧石けんで売ればいいのにな。
自分の石けんを必要としている人がいるなら、その人たちのためにもなおさらって思います。
何かあったときはもちろん責任を取る覚悟でいてほしいし。
売る気も教室やる気もなくのんびりと手作りしたいだけの私は
今までどおり石けん作りを楽しめる環境を守りたいと思います。
yuki, 2011/11/28 6:01 PM
こちらにははじめておじゃまします♪
前記事とあわせて読ませて頂きましたが、
うんうん、と頷くことが多かったですね、
というか、ほとんどかな。
私にはPOPさんやmamaさんの意見がすとんと落ちる。
でも、
実際行政から指導を受けて、表示を変えて下さい
と言われたという人からも話を聞いたことがあり、
(まさか売っても良いというお墨付きなわけ?)
なんだかもう、良くわかりません!!!
だから、POPさんのおっしゃる、
>内心のもやもやはぬぐえないはずです。
というのは、ホントそう思いますね。
POPさん、リンク頂いていってもよろしいでしょうか。
これからもいろいろ、よろしくお願いします^^
calen, 2011/11/28 8:42 PM
ツクツクさん

いつでも好きなものを好きなだけ持っていってくださいな。
こんな私で良かったらいつでももらってください(はあと)



yukiさん

蝋人形の館へようこそ←あまり深い意味はないです・・が、後ほど。

化粧石けん、夢ではないと思いますよ。
売りたい人はジャンジャン売ればいいと思うし
ホント商売っていうのはそうそう簡単じゃないんですよね。
ネットのテクノロジーにあやかって簡単にショップも出せるし
本当にみんな歩みを一度止めて自分が何をしたいのか模索して欲しいです。


calenさん

先日は大変失礼しました(私信、汗、汗)。

私が思うに、全員がという事ではありませんが
駐禁で切符切られるか切られないか?切られない方が多いですよね、きっと。
そういう心理状況下にあると思います。みんな停めてるから平気だろうと。

アレルギーの事も、茶のしずく事件こそありましたが
特殊な素材を使わない限り加害者になる事は少ないでしょう。
中には純石けんアレルギーの人もいるかもしれないですけど。
往々にして目に見えるようなトラブルは実際は少ないと思いますが、そこじゃないのよね。

表示を変えたところでその方たちは「肌に使って欲しい石けん」を作っているのであれば
いくら「雑貨」とは言い張っても偽装化粧石けんを作っている事になります。
そして雑貨石けんと言う表示は存在しません。台所用、洗濯用のどちらかで
それぞれに対して必要な表示があります。

ざっくり言うと言い逃れにしかなりません・・残念ながら。
それよりか自分が売っている物、ちゃんと責任もってきちんと売りましょう!と言いたい。
買うだけの人たちにもこういう認識が広がると良いですね。
やっぱりこのままでは危険すぎます。蝋人形にされてしまいます。

リンクはどうぞご自由にどうぞ。こちらこそよろしくお願いします♪
POP, 2011/11/29 1:03 AM