RSS | ATOM | SEARCH
VIVA! TETSUKO
朝一通りの仕事を終えて、デーカンの昼寝第一弾に付き合って寝てしまった。ダンナが途中から昼寝に参加してきたのでそこで目が覚めてベッドを明け渡したのだがその時に「列車事故があったみたいだよ」と簡単に自分がCNNで見たことを私に説明しだした。その時点で死者は23人だった。リビングに下りてテレビをつけるとどの局もその事故の事を特番でやっていた。しばらくして何気にチャンネルを変えると、徹子の部屋が始まったところでゲストはカルーセル麻紀だった。列車事故の大体の様子がわかったので、徹子を見ることにした。たまにこの番組を見るのだが、黒柳徹子ってやっぱり生きる世界がマイケルっぽい(笑)?トットちゃんのイノセントさを現在いくつだか知らないが今だに感じさせる黒柳徹子、発言が見逃せないのだ。今日もカルーセル麻紀の性同一障害に始まり、(現)彼女の数年前に撮ったという篠山氏の写真集のいくつかを紹介しながら、「やっぱり女性と違うところは二の腕の【振袖】がないところよね〜」とか、「中尾彬と同い年とは思えない、なんっていうんですか、【いいケツ】してるって言うか」・・、さーすがトットちゃんである!

実はヨコハマのとあるゲイバーが昔あって、やはりその少し前に「いいとも!」にも出ていた「青江のママ」も都落ちして働いてたちょっと有名なところだったのだが、そこに遊びに行った時にカルーセル麻紀が両脇を抱えられてベロベロの泥酔状態で登場した。当時ママをしていた「小豆ちゃん」(最後に見たのはお祭りでお好み焼き焼いてた時でした、今いずこ?)が私たちの席に来て「今、麻紀ちゃんが踊ってくれるって言うからまだ帰んないでね♪」と言いに来た。曲は確か「天城越え」だったような気がしたが、スポットライトを潤んだ目で見つめ、ストリップしていき、最後には全裸で・・という経過をたどったが、確かにその裸体に見え隠れするたるみなどは中年女性のそのものであった。徹子の部屋で言っていたが、ホルモン注射はお尻に打つ筋肉注射で、三日位するとおっぱいが張ってきたりするらしい。海外に行くときは入管でパスポートの性別で足止めを食うこともあるので、ノーメイクにして「男」に変装して行ってたらしい。なので晴れて「平原麻紀・(性別)F」というパスポートを手に入れたときは本当に嬉しかったそうだ。まして自分が生きている時代にこうしてそれを手に入れることが出来ないと思っていたらしい。確かにお堅い日本では珍しい法律改正である。ただし性別を変えることを認可される前には肉体改造も含め、金銭的にも精神的にもつらい現状を乗り切る必要があるのが「オチ」なのだろう。ただしこれはゲイと呼ばれる同性愛者とはまったく違う扱いであって、同姓同士での結婚も許されることなく、ゲイは正当にゲイの道を極めていくことになるんだろうか・・。

私はだあれ?
author:POP, category:スカパー&TV, 23:33
comments(4), trackbacks(0), - -
VIVA! CHEATERS
いつの間にか始まった「リアリティTV」。エイリアンのダンナとかじりついて見ているのがCHEATERS。この番組は浮気調査をするという単純なものなのだが、その内容のエグイこと!「それがスキなんでしょ!」と突っ込まれれば素直に認めるしかないのだが(別に否定もしてないか。w)、見所はなんといってもこの番組のホストを務めるトミーが非常にいい味を出している。番組に出演?している一般人の恋人や夫婦は激情し、本物の憎悪が行き来する感情がモロに映像として流れたりするのだが、彼は常に冷静に番組を勧める。しかし、冷静でありながらこの激情に駆られる人々を、とてもうまく煽るのだ。例えば浮気の証拠ビデオを依頼者に見せる時に「ここにはあなたの見たくない事実が映っている。でも真実として受け止めなければ先には進めない」と依頼者をなだめるようにしてビデオを見せるのだが、そう言って置きながら「もう胸がムカムカする。これ以上見たくない」と突撃前の依頼者の気持ちを「他人でさえそうなの?!」と昂ぶらせるのである。思わず「GO! TOMMY!」と夜中にダンナと二人で叫んでしまったりする。大体この時は、依頼者のパートナーが浮気相手とレストランで食事中だったりするが、一月後に結婚を控えたRENEEという女性はよりによって彼のベストマン(結婚式で非常に重要な役割をする介添え人、通常は新郎のベストフレンド)と「アノ場面」を隠しカメラがこれまた常に良いアングルで捉えていたりと、まったく目が離せない。本国では何年か前に週一くらいの割合で放映されていたそうだが、スカパー(Ch.755)では週7回毎日見ることができる。なので先週のエピソードの行方・・などといって以前に出てきた依頼者、パートナー、浮気相手などの現在の心境などが数日後にうかがえるのも何よりであったりする。

NOT MINI COKE
author:POP, category:スカパー&TV, 18:57
comments(0), trackbacks(0), - -