RSS | ATOM | SEARCH
さいたまスーパーアリーナ4連発
なんだかちょうどバタバタしていた頃だったが、BLACK EYED PEASのコンサートのチケットが手に入ったので、湘南新宿ラインに乗って行ってきた。スーパーアリーナは今回が初めて。チケットを貰うと300番台の番号で、スイートルームと呼ばれるVIP席だった。通常通路の先にあるエスカレーターを登ると刷りガラスのしゃれたドアを押して入るようになっていて、ステージからはちょうどまっ正面の一番後ろの2階席で、なでしこジャパンの二人とかも見かけたぞ。

会場が暗転すると、蛍光の光るやつ、あれを持ってる人が多くてアリーナ席、スタンド席ともすごくキレイで会場中がうわ〜って感動した声だった。ホントきれいだったよ〜。

で、最初から最後までノリノリのブンブンブーンで、ステージの装置もカラフル&テクノチックで、ダンサーとかもたくさんいたりしてさすが旬のグループ。最近の傾向は、LEDスクリーンを駆使したステージセット。これでいろんな大道具を省くことができるし、想像を超えたバックグラウンドも再現できるんだから、ここまで来たか、と感動。あまりにもダンスチューンばかりで飽きてくるが、アリーナ席はずっと立ちっぱなしで疲れそう・・良かった座れる席で・・歳とか明日のこと考えると座れるのがありがたい今日この頃・・。

そういえばBLACK EYED PEASのライブを前にテレビで見たことがあって、蛍光の光るやつの代わりに携帯の画面で会場が埋まってたことがあったなー、とWill I Amもそう言って促したのにみんなに伝わらず・・あれ〜〜。画面広いからね、それもすごいキレイだった。

ファーギーもすごい歌いきってたよ。ここのグループはみんな個性的で一見ばらばらなのが良いね。ちなみにグループ名は豆の名前です。一か所が黒くて目みたいに見えるんでそういう名前の豆があるの。

ライブが終わって会場を出ると耳がぼわーんとしてました。ライブ中もかなり大きな音だと思ってたけど・・。相当の音量だった模様・・・。

The E.N.D. (The Energy Never Dies)
The E.N.D. (The Energy Never Dies)
Black Eyed Peas
author:POP, category:MUSIC&MOVIE, 22:54
comments(0), trackbacks(0), - -
ヂケンです 続編
ちょっと間があきましたが、痴漢事件のその後の話があるのでした。

愛宕警察署にジーンズの提出を求められ、そのままほったらかしていましたが、事件の翌週に連絡があり、やはり提出してくれとのこと。私の労力と交通費を使ってまで?と食らいつきましたが、一人の人間を拘留するということは私の協力なしにしては「事件」としての性質や責任に関わるので、という説得にしぶしぶ了解して、その翌週の月曜日に行く約束を取り付けていました。

するとその翌日か二日くらいして今度は「検察庁」から連絡があり、担当の検察官だという人物から、警察でした取り調べとはで調書をとらせてくれと。そして裁判になる際には参考人として出廷してもらうのでその打ち合わせも数回、霞が関までご足労願えますか?という内容だった。さらに、その場に居合わせた娘も参考人として裁判に・・という話で、簡単に話を聞くと犯人の自白が得られてないということで。正直面食らった私は、検察官に・・



「ぶっちゃけこの犯人が有罪になったとしてどうなるんですか?」と聞くと

「確かに前科がある男だが、痴漢行為は初めてなので罰金刑に」と、

そして

「拘留されている日にち×5000円で罰金が免除されていくので実際問題とすれば、何もなく釈放される」と・・・!

「では、私は自分のお金と労力を使って愛宕署に証拠品を提出留守用に言われていて、それも再び出向いて受け取らないと行けなくて、更に霞が関まで(ちょっとネタに良いかも、となびきそうになったが)3回、裁判まで入れると合計で5〜6日はそのために費やさないといけないの?」

と食いついて
「そんなのは冗談じゃない、被害者なのに更に被害を受けることになって相手は何もなくて普通に釈放されるなんてバカバカしい。ちなみに『もう良いです』と放棄したらどうなるんですか?」
と聞いてみたら

「それはご本人の自由ですので、としか言えないです」と・・。

しばし考慮のあと「じゃあやめます、申し訳ないですが」、そういうと

「わかりました。証拠品の提出などはありますか?」

「ないです。来週愛宕署に持って行く約束をしてましたけど」

「じゃあ、それもしなくて結構です。愛宕署には私から連絡しておきますから」


そういうオチだったの〜〜。なんだか安心したような、でも検察庁から電話が来るなんて結構ビックリ。それでも気持ちはなんともスッキリしないものです。


その日に受けたオーディションは通過して、GWに公開される映画に娘が出ることになりました。もうとっくにクランクアップしてます。今月17日に試写会があるので一足先に見てきます♪
author:POP, category:ディープな話, 00:53
-, -, - -
久々に
http://www.kirin.co.jp/brands/greenlabel/cm_gallery/index.html

ダンナ、CM歌ってます。
author:POP, category:MUSIC&MOVIE, 22:33
-, -, - -
日本の音楽界の行く先
日テレで歌番組をやっていたのをたまたま見ていた。
Every Little Thingだったのだが、ナマウタだった。
思わず、くちあんぐり・・・
かぶせろよ、歌・・とぼやかずにはいられないほど音痴だった。

次はジャニーズだったのでスキップしますが(笑)
こな〜ゆ〜き〜って歌う人、レミオロメン(←すいません、意味わかる方教えて)でしたよね?
ちょっと前の他の歌番組で見かけたけど・・ひどいびっくり
そして今回もかなりのひどさだった・・

とにかくひどいの一言で、堅ちゃんさえも頼りなく・・
そうなるとここまでオンエアする日テレ、あんたはすごい!

どうしたんでしょうか?
FOXで見るアメリカンアイドルなんかに出てくるどズブの素人の方が何百倍もうまい。

そう考えるとMステの口パクの意味や意図やありがたさが分かる。
生なので色々あると困るからというのもあるのだけど。


うちのテレビがいまだにブラウン管だから、ということにしておきたい。
大人ですから。
author:POP, category:-, 02:30
-, -, - -
ヂケンです
先日、新橋駅あたりで子供のオーディションが終わり、同行者ともども駅へ向かったのでした。子供たちは意気投合していたので名残惜しいも、そろそろ解散?って言う段階で・・。セシィが原宿に買い物に行きたいというので右手で携帯を握りしめ、乗換検索をしていたところいきなり背後から変な感触が・・お尻の当たりに!当たるとか触れるではなくて、どう言ったらいいのか、両足をまっすぐ揃えて後ろ向きになった時に、お尻の下部と足の付け根あたりに出来る、デルタ地帯(笑)あたりに後ろから手がずっぽり・・ってお父さんたちがのほっとタイム=良く電車内で読んでいるいかがわしい新聞の連載小説のようですが、そうなんです・・なんとこの歳で(注意!「この歳で」は省いてもよろしい)

痴漢に遭いました!!

Oh! my god....あり得ん

ちょっと何すんのよー!!


と叫ぶ私・・続けて

人のこと触っただろうよ〜!

すかさず待たんかい!と、とっさにその男の手首を空いていた左手で捕まえたのでした。

「触ってない、ぶつかっただけだ」としらばっくれる男に

「ぶつかってそんな触り方するわけないだろう!」と(多分)絶叫・・。

交番、交番・・と探すが見当たらず、検索終了して110番通報・・。


「今、新橋の駅前でお尻を触られました。男は捕まえてます。すぐに来てください」

大体の目標物を告げて待つ間、ダンナに連絡。その辺からは一緒にいたたまたま知り合いだったAJが男を拘束。警察が来るまでの間、何度か私と男の問答が続く・・。ほぼ午後6時の新橋駅。私もあまり見ないようにしていたけどギャラリーが・・怒りでもそんなこと構う暇もなく男に「あなたにはお話しする資格などありませんことよ」とかいう意味合いでかなり罵っていたと思われます。男が口をきくたびに酒の匂いがしたのと、よくいう作業員風、しかも服装はTシャツ、短パン、サンダルと完璧にOFFの作業員風・・(泣)。

MAD WOMANと化した私は冷静になるまでしばらくの時間を要しましたが、通報しても来やしない警察官に業を煮やして、新たに110番通報しましたがそれから待つこと数分。その男も「警察なんて来ないよ」的な事をほざくので、なんど顔に蹴りを入れたことか(ホントに入れるとこでしたけどね)どこにいたんだ警察官二名がやって来ました・・。最初の通報からほぼ10分・・。男はひとりの警察官に「おや、あんた昨日も見かけたね・・」と何やら有名人の模様。とりあえず交番で簡単に話を聞くのでと、汐留口にいた私たちはぞろぞろ移動・・。簡単に話を聞かれたところで(といってもそんなに簡単じゃなかったぞ、免許見せたり)、リーマンごった返すSL広場すぐ近くにある交番からセシィと二人でお迎えのツートンカラー、屋根に電飾着いてるなかなか手入れの行きとどいたヴィークル、その名もパトロールカー、略してパトカーに乗り込む。どうみても何かやらかした人が連行される風で、しかも赤色灯回ってるし、しかも人がやたら多くて細い道なんて最徐行だし、しかもその辺の人見てるし(号泣)・・とビビるセシィ。そんな人の群れをすり抜けて10分未満のライドが終わり、出迎えたドアマンならぬ私服のおまわりさんに誘導されて4階に連行される(連行じゃないけどww)私たち母娘。今までヒマだったデカ達で仕事中に掛けポーカーでもやっていたような、犯罪匂いのするのフロアはちょっとだけごった返す(ややフィクション)。

個室に連れて行かれ、まずこの男の処罰をどうしたいか聞かれる。つまり許してあげる→男はこっぴどく叱られて釈放、もしくは許さない→男は逮捕されて勾留、取り調べ→検察庁に送致になり、その先は裁判所に判断がゆだねられるということで、ふざけんな状態な私は迷わず後者を選択・・・これがトワイライトゾーンの入り口だということにも気が付かず・・・。

個室では担当の生活安全課の刑事さんにいろいろ聞かれる。っていうか、最初は交番で聞かれた基本情報・・またっすか??この辺のアナログさが公務員の業務だと思いましたよ・・免許もまた見せたしさ。辻利(お茶のPETボトル)を出していただきました。結局合計2本のお茶と(350サイズ)を飲みほしましたが、お茶でどうしろっていうのかっていうくらいお腹すいるし・・取り調べの最中に、このデカ,・・

「実は私、新婚でしてね・・・子供が欲しくて」

ええ〜っと・・知りませんよ・・(笑)。何の脈絡もない会話でしたので、ほぼ、「ダカラナニ?」と「ラ」の部分は巻き舌チックに片言の日本語で返そうと思いましたが、まあ場を和ませるための話術だと思い、会話につきあってあげました。まあ普通に取り調べは続き、さりげない会話(ということにしておきますww)、昔は52キロしかなく今は85キロだという自慢のボディを持つ方でしたが暑いけどリモコンがないと言ってました。確かにリモコンは便利だけど、リモコンないと輪をかけて不便な機能を持つエアコンです・・。空調は普通にあったので私は・・あえてもう一度言いますが私は暑くなかったですよ、Iさん(笑)。途中で飴の差し入れがあるものの、ご飯食べて・・と思ってた矢先の出来事で、取り調べの他実況見聞?とかなんとか、私に見立てたわりには冴えないマネキンが、これまた冴えない恰好をしていて、犯人に見立てたデカ△私の記憶の通りに、マネキンのお尻に手を突っ込み記念撮影。もう片手はピース?ってことはなかったですけどね・・。そんなんでターザンの雄たけびのように鳴り狂う私のお腹・・・。

まあ出迎えてくれたデカ(年長者、班長?)が、犯人にこう手を突っ込まれて、ぶっちゃけこんな感じでされましたか?というジェスチャーが、妙に生々しく、また角度とかが妙に上手くて惚れました・・なわけないですけどね・・。

やれやれ、雄たけびを上げ続けるターザン腹もそろそろ音をあげる頃、ほとんどの調書が完成しましたが、デカ Α自慢はボディだけでなく、日本語文章力のなさ、といういまさらながらの添削てんこもりで上司から突き返された調書を持ってきてさらに書き直し作業に入ります。しかもこの上司・・達筆で、読めない(笑)。さらに30分ほどが経過して、やっと私も釈放され確か新橋駅の近くにあった韓国料理の店に行こうと思い、駅まで送ってもらい店を探すのにウロウロ・・。結局見つからず、文字通りガード下の中華屋に入るが、これまた美味しくない店で・・。中国人女の店員はやっぱり愛想ないし、なぜかガン見してるし・・

「イミグレーション」

とか言って手帳出すマネしてやれば良かったかな(笑)。それでもほっとして瓶ビールを手酌で注ぎながら、ピータン300円とか、かなりシュールな小皿を頼んだりしてチビチビやってると電話が鳴る。「先ほどのIですが」・・・今度は何が足りなかったのでしょう?と思ったら、犯人の手指の付着物を採取してあるので、今日はいていたジーンズを持って来て欲しいということで、それを鑑定に出すそうですよ。しかも郵送NGで持ち込みオンリーなんだとか・・。はあ?まヂっすか・・と一応了解の返事をして電話を切りました。Yahooの地図で見たけどまた愛宕署ってアクセス悪いじゃないですか・・。

和みムードだった取り調べ中に、犯人がどこかへ移送される模様でしたが、これから留置所に行くのに健康状態をチェックしないと人権にかかわるということで、保険も効かない自費の検査を受けるということでこれは都費で賄われるということです。それ以降も勾留されたりということになると、一日その人間に約3000円の必要経費がかかるそうで、これももちろん皆さんの血税で支払われるということです。それからまた結局3時間越えの私の費やした時間も何の補償もなく、住所不定の男を相手取って民事裁判起こしたって意味ないし、どうせなら酔った地位も家庭もあるサラリーマンなら、まだ可能性として年末ハワイも家族で行けたかもしれないと思うと、全くの事故ですよ、コレ。まあなんとも理不尽な私と都民・・。なにやら遅く駆けつけた警察官に「前科者なの?あの人」・・と聞くと答えかけて個人情報なので、といきなり口をつぐんだがかなりの前科持ちらしい。痴漢行為では初めてらしいが・・こうなったら圧勝のポロッポー鳩山にこの辺もガツンと改革してもらってはいかがでしょうか・・ねっ、アソーさん♪

結局あれから三日ほど経ちますが、ジーンズは提出しないことにします。その辺でなんかの用事があって行かないといけないならまだしも、ブログネタにするといったら少年のように目を輝かせて、アドレス教えてと言ってきたデカさま、こちらへは無事にたどり着いたでしょうか?これを読んだらデカ,海Iさんにそうお伝えください。それに今、気に入ってるジーンズは2本しかないんだよね・・でも顛末はブログにしっかり書きましたので♪

結局散々な一日の終わりになりました・・。自宅近くの駅から徒歩5分、タクシー5分という絶妙なロケーションの我が家へは、迷わずタクシー5分をチョイス(もったいない)。二度と行かない味だった羽衣って言う中華屋で食事を終える頃に「そういえば・・」と思いだしたのが、韓国料理は確か有楽町だったー(号泣)。

羽衣店主様、餃子のタネはフードプロセッサ掛けちゃダメじゃん
by 餃子の達人(私)

そうそうまあ何はともあれ、お世話になりました〜、愛宕署の皆さん。IさんってIさんでよかったんだよね?入れ替わり立ち替わり数名のデカ達が「私は○○です」と言っては立ち去って行ったもんで、最後の電話でIですって言ってたような気がした私は、こないだも旧姓オガタ、現在ナカムラの友人に、なぜかコバヤシという名字の宛名で郵便物送った(着いたからすごい)人の名前覚えない常習犯です。
author:POP, category:ディープな話, 23:06
comments(9), -, - -
そういえば韓国旅行記い笋辰蛤能章
さてさてショッキングなマッサージから一夜明けて、出発の日がやって来ました。割とゆっくり目に荷物を預けてチェックアウトして(通常は12時)、明洞へ向かいます。朝ごはんも食べなくて出発したもんで・・というのはお目当てのユガネタッカルビがあったんです。まだお店を開ける準備をする人で稼働していない街をウロウロします。一度お店を覗いてみましたがまだ開いておらず、再度店を訪ねました。結構広い店内は若い人が多かったかな。タッカルビとは鶏と野菜を甘辛いタレで炒めたものですが、これがまたうまい。チーズをトッピングでお願いして大正解。最後はやっぱり炒めご飯で仕上げ・・腹一杯だよ・・。ちょっと苦しくなった感じのまま、今度はソウル駅近くにあるデパート、「ロッテ百貨店」に出かけます。地下鉄のカードはデポジットが必要でしたが持っていて大正解。最後の最後まで地下鉄のお世話になりました。駅から歩くこと6〜7分てとこでしょうか?出口とか行く場所のロケーションがわからないのでちょっと歩いてしまったみたい。ソウル駅は東京駅くらいの規模で、そのすぐ横にロッテ百貨店があります。1階は大きな食料品売り場になっていて、ここで購入した牡蠣のキムチ!美味しかったです。いろんなキムチがあって味見させてくれるんだけど、これとこれ、というと勝手に1キロくらいの容量に・・。一度はそのまま受け取ったものの、こういうのは今美味しくても結局は全部食べきれず終っちゃうんだよな〜、と考えなおして半分くらいにしてもらいました。ちなみに買ったキムチはラップでぐるぐる巻きにして匂いも漏れないようにしてくれるので、帰る間際に買うのが良いかと思います。あとは海苔とかチャプチェとかホントは安いんだけど、日本で買うとなぜかやたらに高い食料雑貨とか買い込んで、とりあえずチェックアウトしたホテルに戻り、荷物を預けます。その後また私たちは明洞の街でウロウロ・・。


ソウル駅で見かけた、栄養ドリンクの看板。あれー、皆さんどこかでお見かけしたような・・・。


ミリオレを背中に明洞のメインの通りを一本左に入った通りで見つけた占いカフェ(ですよね?)の看板。同じ店のものなんだけど・・どちらも惜しい・・。


渋谷を毎日うろうろしても楽しくないだろうけど、よく比較されるソウルの渋谷、明洞は飽きないの。やっぱり物珍しさかな〜?しかし、天気が悪そうだったにもかかわらずなんとか持ってくれました!

ゆっくり目の飛行機だったので空港へ向かうバスのピックアップは午後5時。3時半ごろになってまだタッカルビで膨れたお腹を抱えつつ、初日に行けなかったフグの店へGO!今度はやってるんだけど・・店の人たちがまかない食べてて日本で言うとランチが終わって、夕方からの営業に向けて準備中っていう時間。ここも日本語は皆無悲しい。なんとなく聞いたら、なんとなくOKということで、着席。まあ見た目もかなりボロッちい店でしたが店の床も傾いているような、自分をしっかり持っていないとよろめきそうな・・。フグのプルコギ、「ポップルコギ」を2人前とビールを頼みました。付け合わせはたくあんと湯引きした皮の辛い和えもの。この和えものが絶品でした!


鉄板の上に載せられたホイルにフグとセリが乗ってます。シンプルだけどおいしい。グツグツしてきたらこのままガブリと食い付きます。


んで最後はやっぱりお約束のポックンパ!色々食べましたが、ここのは絶品!ビール飲んで二人で30000ウォンくらいでした!


いや〜、やっぱりお腹が苦しい・・もう少しお腹が空いていた時に食べたかったな〜、と贅沢な事をほざきつつ、ホテルに向かいました。迎えのバスに乗ってさらに色んなホテルにお迎えにバスが停車します。ソウルタワー近くのヒルトンホテルを最後に一路空港へ!・・っとその前にお約束のお土産屋さん立ち寄り・・キムチの試食とかあって結構言葉巧みに販売戦略が待ってますが、日本で買うより高い?と思わせるような値段で、他にあった民芸品ぽいお土産も市価の3倍・・・。バッグの中に残ったウォンを全部叩かせようって言う魂胆です。が、いましたよ!買う客!結局ウォンが足りなくなってカード切ってましたがね・・。スケープゴートと化した独身女性一人旅の方、おかげで助かりました。でも今だにこういう店があってツアーの最後に連れて行くって言うのが信じられん。市価と同様もしくは多少高いのであれば良いのだが、これって1個の値段だよね??と疑問が常に残るような価格で、ぼったくりも良いところだ。おばちゃんの団体なんかになると、一人が買う→みんな釣られて買うってあるんだろうな〜。私たちの他に子供連れの家族なんかはトイレに行ったり店内ぶらついたり。

最後の最後でさっちゃん具合悪くなって、機内食も手をつけないまま羽田に到着。バスで横浜駅まで戻り、そこからはタクシーで帰宅。みっちりと濃い三日間でした!韓国は時差がないのが◎。次回はセシィでも連れて行くか・・。


author:POP, category:, 23:50
comments(2), -, - -
大手町縁日への出店
8月6、7日の両日、野乃屋さんの紹介で大手町縁日への出店参加をします。ブログも書きたいことが山のようにあるので順番に片付けようと思いつつ、かなり追い込まれないとやらない時が多くて、いつも反省してます・・いや反省してないからこうなるのか??

詳しくはこちらをクリックして野乃屋さんのブログをご覧ください。


野乃屋さん担当のワークショップは驚きの太っ腹、リキッドソープ200mlの色&香りづけ、バスボム3個をそれぞれ500円で!で、負けてはいられないとばかりにSCENT SHOPからは秋から発売予定のリップグロスの容器を使用して、リップグロスを作るワークショップが500円で受けていただけます。ひまわり油、ひまし油、キャンデリラワックスで作った基材とお好みのマイカ(単品でもブレンドでも)、そして忘れていけないリップの香りには、6種類のフレーバーオイルを選んでいただけます。

昼過ぎからワークショップは参加していただけます。夜は未定ですが9時頃までには現場にいると思います。7時過ぎるとビール片手にちびちびやってるかもしれませんが、ご近所でお仕事の方がいらっしゃいましたらどうぞお立ち寄りください。


こんな出来上がりになります。SCENT SHOPからはM&Pソープやデコパージュ(石けん、アクセサリートレイ、写真立てなど)と、練り香の小売もあります。今回は野乃屋、アンデリーズ、SCENT SHOPの共同での出店です。
author:POP, category:-, 00:55
comments(0), -, - -